Profile

川崎堀之内 真珠夫人 黒沢百合子

黒沢百合子(42)
所属店:川崎堀之内 真珠夫人
T.161/B.89/W.59/H.90

Calendar

<< 2019年 9月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Calendar

<< September,2019 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Calendar

<< September,2019 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Categories

Free

コンパニオンへのメッセージやブログへのコメントをお待ちしております。お店のファンレターメールよりお願致します。
PCの方はこちら
携帯の方はこちら
スマフォの方はこちら

ある朝の出来事

2019.05.21 Tue12:06

ある朝の出来事

2019.05.21 Tue12:06



昨日の出勤の時のこと。




電車が川崎駅に着き、
ホームに降りて数歩歩いた所で
視界に大きく動くものが見えた。
瞬間そちらに目をやると
男性が身体をぐにゃりと曲げ
崩れ落ちるのが見えた。
その落ち方は、人のものとは思えない、
まるでゴムの様な落ち方だった。




あっ!と思ったけれど
人の波に乗った足は止まらず…
目線だけ男性にやると
崩れた場にあった壁に辛うじて掴まり
酷い転倒にはならずに済んだようだった。
よかった。。。




改札口へ向かう人波にのまれたまま
数十メートル進んだが、
男性が気になって仕方ない。
あの崩れ方は尋常ではない。
振り返って見てみたのだが
人の頭の間から見えるのは人の頭ばかり。
その隙間からチラッとは見えるけれど、
壁に阻まれ男性の姿は確認する事は出来ないが
誰かが助けている様子はない。




そこでやっぱり、男性の元に戻ることにした。
あんな状態を見て、知らん顔とか出来ない。
そんなことをしたら、
何もしなかった事を絶対後悔する。




踵を返し人波に逆らいながら
走って駆け寄ると、
すでに誰もいないホームで
男性は一人地面に膝まづいて
震える手でスマホを
操作しようとしていました。




「大丈夫ですか?」 と訊くと男性は
「あ、あぁ…」 と。
よかった、受け答えはできる。
「何かすることありますか?」 と訊くと
「会社に連絡をしたい」 と。
だから必死にスマホを弄っていたのか。




「番号言えますか?」
「それとも私が
貴方のスマホでかけましょうか?」
と訊くと男性は少し考え、
「駅員さんを呼んで欲しい」 と。
なので私は駅員さんの元に走り
状況を伝えました。




駅員さんと一緒に男性の元に戻ると
男性の希望により、
車椅子で駅員室に運ぶことになったので、
あとは駅員さんにお任せする事にしました。
そして私は再び改札口へと向かいました。









………………………………




あれからどうしたかな?
大丈夫だったかな?
大変な事になっていないといいけれど…




明日朝、同じ時間に同じ車両で
無事な姿をお見かけできることを
祈っています。





百合子

【PR】 使いやすくてスグ見つかる!風俗情報サイトの決定版「風俗の神様」

2019年05月21日 Tue12:06

2019年05月21日 Tue12:06